house for brother
bar menta
kumagai house
mitsui housing competition 2008
kumamoto station plaza
nagaya

弟の家 − シナリオがない家

住宅のプログラムは、何気ない小さなことでできていると思う。食事をしたり、本を読んだり、夜眠りについたり、はっきりと言葉にできると思っている行為もまた小さな出来事の連続でできている。そんなひとつひとつ言葉にして取り上げることができない、名もないプログラムにもかたちが必要だと思った。
山や湖のかたちは人間のために作られたものではないけれど、なぜか人はそこに様々な思いを込める。そして自然はそんな思いをすべて受け入れてくれる。建築においてもそのような一見意思がないかのように見えるところまで線を抽象化できれば、住宅の中で起こる曖昧な出来事を受けとめる空間ができるのではないかと思った。
一見するとなぜそうなっているのかわからない、大きく切り抜かれた間仕切壁は、何もない大きな空間を上空にいつも残しつつ、プライベートな場所やパブリックな場所、閉じられた場所や開かれた場所を同時に作り出し、通常のプログラムを解きつつも、そこに名もないプログラムが入り込む余地を残している。こうしてできたおおらかなかたちは、ある特定の機能だけを担うのではなく、常に他のさまざまな機能へと開かれたかたちになるのだと思う。
自然の風景がそうであるように、ここで暮らす人が自由にシナリオを書き込める家。

設計

構造設計: 長谷川大輔構造計画 担当: 長谷川大輔 安田真弓

概要

所在地: 北海道小樽市 / 主要用途: 専用住宅 / 敷地面積: 1004.97m2 / 建築面積: 109.68m2 / 延床面積: 137.13m2 / 構造・規模: 地階 鉄筋コンクリート造・1階 木造 / 設計期間: 2012年6月〜2013年4月 / 施工期間: 2013年5月〜2013年9月

掲載誌

新建築住宅特集 2014年5月号
TOTO通信 2016年春号
designboom
architecturephoto
archdaily
Dezeen
その他多数

撮影

久野浩志建築設計事務所

House for Brother - House without scenario

I think that the program of a residence is made of a small thing which cannot be expressed by language one by one. The general act in a residence, for example, eating, reading a book, sleeping, which considered clearly made to language is also made of continuation of a small thing. I thought that the form for such a nameless programs was required.
People put various thoughts in a mountain and lake which form is not made for man. And nature accepts all such thoughts. Also in architecture, I thought that space which responds to the ambiguous occurrence which happens in a residence will be made if a line can be abstracted as if there is no intention.
The partition wall, which can not understand why it has become so, makes private place and public place, closed place and open place simultaneously, always leaving the space of the big upper part. It solves the usual program and left a space for nameless programs. This partition line does not bear only a certain specific function, but I think that it becomes the form always opened to other various functions.
The house where those who live here can write a scenario freely so that natural forms may be so.

Design

Structural Design: Daisuke Hasegawa / Mayumi Yasuda, Daisuke hasegawa & partners

Project Data

location: Otaru city, Japan / principal use: private residence / site area: 1004.97m2 / building footprint: 109.68m2 / gross floor area: 137.13m2 / structure: wood and reiforced concrete, 2 stories / design: June 2012- April 2013 / completion: September 2013

Publications

Jutakutokushu 05.2014
designboom
architecturephoto
archdaily
Dezeen
etc.

Photo

hiroshi kuno + associates